メールサーバー 引っ越し


メールサーバーの引越しの手順について

別の業者が提供するメールサーバーに引越ししたい時はまず乗り換え希望先の所に連絡を入れて契約を結ぶようにし、送られてくる受信メールサーバー名と送信メールサーバー名の両方をチェックして下さい。
サーバーの移転とドメインの移管は別の手続きとなることが多いのですが、契約中の管理会社側がネームサーバー情報を変更させてくれる際には、移管を行わなくてもそのまま他社管理において運営出来ます。
契約中のドメイン会社でネームサーバーの情報を変更出来ない或いはサーバーとドメインの両方の管理を行いたいのでまとめるつもりでいる際には、移管手続きを行う必要がありますから乗り換え先の業者に連絡を入れましょう。
そちらの処理が終わった際には次に乗り換え先の業者のコントロールパネルからメールドメインの設定を行い、移行元と同じメールアドレスでアカウントを作ります。
その後でメールソフトに以降先の当社メールサーバーでの送受信設定を追加します。
追加した際にはメールサーバーでの送受信設定でテストメールを受信出来るかどうかを確認し、無事処理出来た際には次の段階に移行しなくてはいけません。

DNS情報の切り替えについて

テストメールを受け取れる状態になった後は移行元のメールサーバーのDNSレコード設定でMXレコードとTXTレコードの変更を行います。
この作業を終えた後は移転がほぼ完了したことになりますから、最後に移行元メールサーバーの解約処理を済ませて終了となるのです。
継続して届くメールがあった際には宛先と送信元の両方を確認して、そのまま解約処理を済ませても問題がないかどうか判断します。
これら全ての処理を終えた後で正式に引越し作業を済ませて新しい業者のサービスを受けることが出来ますから、費用の支払い方法を決めてそのまま必要な分を払うのが良いです。契約期間を考慮して何時ごろまで使い続けるのか冷静に判断し、手続きを済ませるのが基本です。

おすすめランキング

WADAX

  • 安全性5点
  • 費用4点
  • 機能4点

初期費用無料キャンペーン

■トライアルキャンペーン(9月30日まで)

2015年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に限り、WADAX共用サーバーでは導入ご検討中のお客様に2週間お試しができるトライアルキャンペーンを開催中です!!

大塚商会

  • 安全性5点
  • 費用5点
  • 機能3点

カゴヤ

  • 安全性4点
  • 費用3点
  • 機能4点

トップページへ

レンタルメールサーバーって何?

レンタルメールサーバーの選び方

メールサーバーの口コミ・評判

Copyright© メールサーバー レンタル All Rights Reserved.