メールの配信数制限


メール送信の容量制限について

レンタルサーバーを利用していると、サーバーは共用ですので、当然メール配信を行なうのには制限があります。
一人の利用者が上限なしでやたら大容量で使用することができないわけですが、通常の使用の仕方では問題なく使える内容になっているのが一般的です。
メール配信数制限があると聞くと、一日にどのくらいメールを送信することが可能なのか心配になるかもしれませんが、レンタルの契約によっても異なりますが、一般的には一日500通程度の配信はできます。
ホームページを利用して、ネットショップを行なっている場合は、メールマガジンを配信していることがありますし、これからメルマガの配信を検討している人は、メールの配信数制限という言葉を聞くと、ビジネスに影響があるのではないのか心配になるかもしれません。
その場合は、メルマガ配信用のレンタルサーバーの利用を検討する必要がありますので、自分が作りたいホームページのプランをしっかりたてて、運用の仕方によってそのレンタルサーバーと契約をするのか検討しなければなりません。

メール配信数を制限している理由

メール配信数制限を行なっているのはいくつか理由がありますが、共用だと他の利用者もいる中での大量送信はサーバーに一気に負荷をかけてしまうことになるからです。
一気にメールを大量に送信すると実際は存在しないアドレスに送ってしまうことがありますし、時には送信不可で戻ってくることがあり、送信エラーとして大量にデータを抱え込む危険があります。
世の中で横行しているスパムメールには誰もが頭を悩ました経験があるとは思いますが、大量のメール配信を行なっている業者は、このスパムメールを配信していることが考えられます。
スパムメール防止を考えると、各レンタルサーバーではメール配信数制限を設けることによって、スパムメール対策に一役かっているのです。
中には、顧客へのサービスとしてメルマガ配信を行なっている業者がありますから、レンタルサーバーでは全くメール配信を行うことができないというわけではありませんが、制限があるのは仕方がありません。

おすすめランキング

WADAX

  • 安全性5点
  • 費用4点
  • 機能4点

初期費用無料キャンペーン

■トライアルキャンペーン(9月30日まで)

2015年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に限り、WADAX共用サーバーでは導入ご検討中のお客様に2週間お試しができるトライアルキャンペーンを開催中です!!

大塚商会

  • 安全性5点
  • 費用5点
  • 機能3点

カゴヤ

  • 安全性4点
  • 費用3点
  • 機能4点

トップページへ

レンタルメールサーバーって何?

レンタルメールサーバーの選び方

メールサーバーの口コミ・評判

Copyright© メールサーバー レンタル All Rights Reserved.